20代後半で苦労したニキビについて

ニキビは中学、高校進学をピークに多くの学生が悩みを抱える肌トラブルのひとつです。

私自身も、中学2年時はニキビに悩まされた苦い思い出がありました。毎晩、就寝前の肌ケア、顔中に塗り薬、口元周りは塗り薬で真っ白になることもありました。ニキビが落ち着いたのが高校進学と併せてのタイミングでした。勉強、交友関係、恋愛も順調で3年間思い出たっぷりの高校生活でした。

高校卒業後は、海外留学を経験。帰国後は、旅行関係の企業に就職し、毎日直属の上司に叱られながら耐え抜いた記憶は現在でも鮮明に覚えています。

仕事も順風満帆だった20代後半、多忙な毎日、不規則な食習慣が続いたこともあり、学生時代と少し変わったニキビに悩まされました。ニキビの数はそれほど多くありませんでしたが、いちど顔にできたニキビはなかなか腫れが収まりませんでした。

某有名企業のスキンケアを試したり、適度な運動、食習慣の見直しをしながら、30代前半時に、幸いにも綺麗な肌に生まれ変わりました。肌トラブルはストレス、運動不足、食習慣、そして睡眠不足も原因となります。ストレスのない日々を送ることは難しいですが、生活習慣の管理は現在でも重要課題です。

また、ストレスを抱えてしまった後の発散方法を決めておくことが大事です。大好きな趣味に打ち込む、軽く外を散歩する、美味しいものを食べるなど、様々な方法があります。ストレスは溜め込まない、つまり蓄積させることがマイナスです。溜めたストレスは発散することで、体内の血流も良くなり、肌も同時に生き生きとします。ニキビができた時は何かの赤信号だと自分自身に言い聞かせている為、自分へのご褒美も兼ねた気分転換のサインだと認識しています。

嗚呼、肌が枯れていく

冬である。ただでさえカサカサの肌がさらにかさついていく。

顔だけではない。足を見ればひび割れ通こして一つ一つの細胞に合わせて肌が乾燥しているのが分かる。

顕微鏡で自分の肌を見なくても分かる。今の私の肌はグランドキャニオンである。

1500円前後のちょっと高いけど容量が多い化粧水を足に塗ったりボディバターをぬったりしてもあらがえぬ乾燥はさながらサハラ砂漠であろう。

おまけにアトピー肌。かゆくてしょうがないのである。

暖かい春が来たらこの乾燥も多少なりましになろうかと越冬するも、春は春で花粉で肌が荒れるのである。

しょうがない、何か良いクリームでもなんでもないだろうか。

オーガニックが良いとか、何が良いとか贅沢なことは言わない。

ただ自分に合って潤いのある肌になりたいのだ。

これでコスパが良ければ御の字である。

パソコン開けばお肌の広告の宣伝の嵐である。

これであなたも美肌ですと綺麗なお姉さんたちが使用しているクリームや洗顔料の宣伝に

目を奪われたてしまう。

この値段で前進サハラ砂漠のグランドキャニオンの肌の私でもこんなにきれいになるんだろうか。

1本めは安いが2本目以降はめちゃくちゃ高いではないか。

綺麗なお姉さんたちは加工で処理された人たちじゃないだろうかと疑心暗鬼になるではないか。

嗚呼私の肌よ。できれば近くの薬局とかで簡単に手に入れられる商品でなんとかならないであろうか。

ニキビとの付き合い方

 思春期の頃から悩まされていたのはニキビでした。

肌質からよくニキビができやすい傾向であり、成人になった現在でもケアをして日々奮闘しています。ニキビというものは皮肉なことに目に見えない内側よりも、顔面にできるので毎日のように鏡を見るのが憂鬱気味と不安でした。見た目の自信喪失になりかねません。むきになって無理やり取ろうとしても、発赤疹のようにさらに目立つ厄介者でした。

そんな肌トラブルを課題としてニキビとの付き合い方について取り上げます。

基本的には脂っぽい食べ物を摂取、不潔なまま維持すること、ストレスなどによりニキビができやすい原因として挙げられます。指先で肌をなぞると、指紋当たりにテカリが顕著になって現れます。また指先で皮脂が詰まっていそうな部分をつまんでみると、白い物体が顔を出すことがあります。私はこのようにニキビの存在を認知してきました。中でも指先でつまむ行為は白ニキビの元である不純物を取り除いていますが、実際には毛穴が拡大することで余計に詰まりやすくなることや、デリケートな皮膚を傷めている原因になっています。これはつまり、イチゴ鼻の問題を解消する毛穴パックの副作用に類似しています。誤ったケアにより、ニキビがさらに成長のを促しているのです。

 私としては、間違ったケアや食生活の改善よりも、運動療法を取り入れることです。まず一日三食問わず継続的に食事制限すると、返ってストレスになって暴飲暴食になる恐れがあります。そこで運動療法を取り入れることで、発汗で余計な不純物が流れていきます。代謝を向上させると、毛穴の汚れ、不純物の入れ替わりが激しくなり、常に新しいかつ綺麗な状態で維持されるでしょう。正しく運動療法に勝るケアはないはずです。

顔の毛穴の汚れについて

顔の毛穴の汚れについては、女性も男性も悩むところです。

角質が毛穴に溜まってしまうと、目立ちます。

またその角質を無理やり押して取ったりしてしまうと、その場では角質は取れるものの、毛穴が広がる可能性があります。

そして毛穴が広がったところにまた汚れが溜まるという、悪循環に陥ってしまいます。

このような悪循環とならないように、まずは洗顔をしっかりして角質の汚れを取るようにしましょう。

洗顔の方法については、泡で洗うということに心がけましょう。

どうしても手を顔に強く押してゴシゴシと洗うのが洗顔と思いがちですが、毛穴の奥まで汚れを取るには、細かい泡を用いてゆっくりと洗うことがおすすめです。

最近では泡立てをする手頃なツールも販売されていますし、洗顔フォームも泡がでてくるようなノズルの商品も販売されていますので、活用すると良いと思います。

そして洗顔とともに必要なのは化粧水などを使ってお肌をケアをし、毛穴を引き締めるようにしましょう。

毛穴が小さくなると、汚れも溜まりにくくなりますし、化粧水には汚れが溜まりにくくするためのコーティング効果もあります。

毛穴の角質を取りには毛穴専用のパックもありますが、あまりやりすぎると皮膚に炎症を起こしてしまう可能性がありますので、使用頻度には十分注意しましょう。